Skin navigation


Local Navigation

展示案內

  • 常設展示

  • 韓国基督教歴史室

  • 崇實歴史室

  • 近代化と民族運動史室

  • 考古美術室

  • 特別展示

current location : Home 展示案內 常設展示

常設展示

 
  • 숭실대학교 로고
  • 常設展示
  • All Videos
Adobe Flash Player 설치하기, Firefox용 Windows Media Player 설치하기

ALL Videos

韓国基督教歴史室
韓国基督教歴史室は、うちの博物館の特徴をもっともよく見せる展示室です。 統一新羅時代に流入された景敎の遺物から韓国歴史の始原を追跡することが出来るし、カトリックとプロテスタントとの主体的収容と発展過程が見られます。 韓国基督教は外国人の宣教師が公式入国する以前、韓国人が自ら信仰共同体を形成し、聖書を翻訳して読んでいたという、特別な歴史を持っています。 韓国基督教博物館で所蔵及び展示していてる初期の基督教遺物は韓国基督教の収容と成長及び発展の過程を教えてくれる、貴重な歴史の資料になっています

崇實歴史室
崇實歴史室には一世紀以上の崇實大学の誇らかな歴史が入っています。 1897年、アメリカ北長老教をベアード宣教師によって設立され、1906年韓国最初に大学教育を実施、新文化収容の先導的役割をしました。また、透徹した民族精神と基督教精神で、日本帝国主義の神社参詣の強要に抗って自ら進んで閉校した崇實の歴史もありました
*ベアード (W.M.Baird, 裵緯良)

近代化と民族運動史室
韓国近代史と関連されている珍しい資料がある、近代化と民族運動史室です。 正体性を新たに認識していた、韓国の近代史を一目で把握することができます。 17世紀以来導入された西洋科学技術書と文物、実学者の各種著書と古地図から、朝鮮後期社会の変化様相が見られます。また、安重根義士の親筆遺物など、抗日独立運動資料から鮮烈な独立精神が感じられます
*安重根義士の親筆遺物 Calligraphy by An Jung-geun

考古美術室
先史時代以来我々の優れた民族文化が見られる 考古・美術室。 岩寺洞で出土された大型櫛目文土器、繊細な幾何学的な模様の優れた国宝第141号の細かい縞模様の青銅鏡と、青銅器の製作過程を知らせる国宝第231号の青銅器の型枠とはうちの博物館の自慢でもあります。 その外、樂浪の遺物、三国時代以降の工芸作品も感心を集中させています
*大型櫛目文土器
Comb-pattern Pottery
*国宝第141号の細かい縞模様の青銅鏡
Bronze Mirror with Geometric Designs, National Treasure No.141
*国宝第231号の青銅器の型枠
Mould for Bronze Artifacts, National Treasure No.231
* 樂浪
Lolang

  • All Videos All Videos

인쇄
최종수정일 :
2011.01.14